溺(おぼ)れたとき

溺れた人がいたとき
溺れた人を一人で助けようとすると、自分も溺れることがあるので注意が必要です。焦って着衣のまま水に入ると、逆に締め付けられ重みも増しますので危険です。まずは落ち着いて近くに人がいれば一緒に助けてもらえるよう頼む事も大事です。

▼溺れた人を助ける方法

①岸辺から近い場合は、棒などを差し出して助ける。少し離れた距離なら浮き輪やロープ、木の板などを投げて引き寄せる。

②泳いで助ける場合は絶対に後ろ側から近づく事。溺れている人の前から近づくと抱きつかれて助けに来た人も溺れる可能性があります。

③うつむきで顔を水につけている場合、両手で支えてあお向けにし気道を確保しながら助ける。

▼呼吸の確認

①呼吸の有無を確認することが重要です。

②声をかけても反応がない場合、息が止まっている可能性が大きいので、すぐに人工呼吸を始める。水は無理に吐かせることはありません。もし水を吐いた時は顔を横に向けて吐いたものがつまらないようにします。泥や異物は指を使ってかきだしてください。脈もふれなかったら人工呼吸と共に心臓マッサージを行い、すぐに救急車を呼びます。

▼意識がある場合

①意識がある場合は様子をみましょう。水を飲んでゲボゲボしていたり泣いている場合は安心です。動揺している場合が多いので声をかけて落ち着かせましょう。

②口や鼻をきれいにして温かい飲み物などで身体を温めます。(意識がハッキリしないうちに、飲み物などを与えてはいけません)

※体温が下がっているために突然心臓が停止したり大量の水を飲んでいると、肺水腫などの合併症を起こす危険性があるので保温に努め、すぐに救急車などで病院へ行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする